町を知ることで見えてくる

  • イメージ画像
    住民紹介

    千田常己

    五城目のシンボル、森山付近一帯の憩いの場となっている森山公民館の館長を務めている千田常己さん。これまでも町内会の役員を20年以上務め、「地域の人のことをちゃんと知りたいから」とPT…続きを見る

    詳細を読む
  • イメージ画像
    住民紹介

    草皆稔

    「子どもは地域の宝」という思いが自然と共有されている五城目町。その思いが具現化された取り組みの一つが「わらしべ塾」です。町内の子どもなら原則無料で自然、芸術文化、料理、スポーツ、も…続きを見る

    詳細を読む
  • イメージ画像
    住民紹介

    佐藤友亮 [佐藤木材容器]

    佐藤友亮さんは、50年以上前から続く「佐藤木材容器」の3代目。創業時は桶や樽、農機具などをつくる木工所として(なんとお豆腐屋さんも!)スタートしたそうですが、先代から器を手掛けるよ…続きを見る

    詳細を読む
  • イメージ画像
    住民紹介

    佐々木千佳子[恋地ラズベリー工房]

    五城目の朝市を歩いていると、出店者とその間を練り歩く人々の織り成す賑わいの中で、ふと、笛の音が聞こえてくることがあります。唐突に流れてくる美しい音色のする方へ目をやると、宝石のよう…続きを見る

    詳細を読む
  • イメージ画像
    住民紹介

    伊藤敏美

    「農業をやりたいという人が来たら、なんでも教えたい。田畑を任せられる人が来てくれたらいいなあ」 そう語る伊藤敏美さんは富津内・落合地域に住む民謡名人。22歳の頃から自己流で民…続きを見る

    詳細を読む
  • イメージ画像
    住民紹介

    竹内健二 [ラウンドテーブル]

    「五城目に移り住んで変わったのは、子どもたちが自由に遊べるようになったこと。鎌倉に住んでいた頃は、なかなか遊ばせることができなかったんです。家にいる時間も増えたし、地域の人とふれあ…続きを見る

    詳細を読む
  • イメージ画像
    住民紹介

    佐沢翼・藤井飛来

    最近五城目町に移住したあるお母さんが話していたこと。 「五城目は子どもが少ないけど、だからこそ子どもは地域の宝だと大切にしてくれる。都会で住んでいたころよりも子育てのストレス…続きを見る

    詳細を読む

五城目町役場

移住・定住促進に関わる窓口・活動

  • 住民生活課 1F

    戸籍・住民票・印鑑証明・国民年金・ゴミ、転出入手続きなど町民の日々の生活に関する窓口はこちら
    » 五城目町役場HP

  • BABAME BASE

    2013年廃校からベンチャー起業の拠点に生まれ変わった施設。地域おこし協力隊の拠点も兼務
    » BABAME BASE HP

アプリ&印刷地図はこちら

iOS・Android対応

  • Androi携帯をご利用の方はこちら

  • iPhoneをご利用の方はこちら

  • 印刷地図PDFはこちら[3.5 MB]